人気ブログランキング | 話題のタグを見る
土用の丑の日
もうすぐ土用の丑の日ですね。

どうして土用の丑の日にうなぎを食べるのか、皆さん気になりませんか?023.gif

まず、「土用」とは、立春・立夏・立秋・立冬の前18~19日間のこと。

「丑」とは、十二支の丑のこと。今となっては「今年の干支」ぐらいにしか登場しませんが、

昔は1日ごと、それから時間にも十二支が適用され使われていました。

と、いうわけで、

「季節の変わり目の前18~19日間にある、丑という日」を土用の丑の日といいます。

そしてその土用にウナギを食べる習慣が一般化したきっかけは、

幕末の万能学者として有名な平賀源内が

「夏場にウナギが売れないので何とかしたい」 と近所のウナギ屋に相談され、

「本日、土用丑の日」と書いた張り紙を張り出したところ、

大繁盛したことがきっかけだそうです。

昔から、土用の丑の日に「う」のつくものを食べると病気にならない

という言い伝えがあったそうで、

「う」のつく食べ物=「うなぎ」として定着したんですね038.gif

今年は7月29日が土用の丑の日ということで、ちょっと早いですがうなぎを頂きました!

うなぎはもちろんおいしかったですが、デザートの和菓子がたまらなかったです012.gif

土用の丑の日_f0129627_1421191.jpg

皆さんも夏バテしないように、うなぎ、食べましょう!
by onoda-blg | 2014-07-16 14:30
<< 灯篭流し 法多山 >>